ニュース

【壮行試合】高校日本代表の先発・佐々木が150キロ台を連発!1回12球で2奪三振

無断転載禁止

圧巻の投球内容


 8月30日から韓国で開催される「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」に出場する「侍ジャパン」の高校日本代表が26日、神宮球場で大学日本代表との壮行試合に臨み、プロ注目の最速163キロ右腕、大船渡高の佐々木朗希投手が先発マウンドに上がった。

 佐々木は1回裏の初球、先頭の宇草(法大)に152キロのストレートを投げ込むと、やや詰まった当たりがレフト前へ。これを高校日本代表の左翼手・遠藤(東海大相模高)が好捕し、1球で1アウトをとる。

 2番・小川(国学院大)に対しては150キロ台のストレートを連発して追い込むと、最後は変化球でタイミングをズラして空振三振。3番・柳町(慶大)には、150キロ台の直球とフォークでフルカウントとなったが、最後は糸を引くような152キロのストレートで空振三振に斬ってとった。

 佐々木は最速156キロのストレートを披露し、この回限りで降板。興南高の左腕・宮城が2番手として2回からマウンドに上がった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西