ニュース

大学日本代表の生田監督も佐々木に驚愕「度肝を抜かされた」

無断転載禁止
 『第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ』で初優勝を目指す侍ジャパンU-18代表が26日、神宮球場で行われた大学日本代表との壮行試合に臨み、引き分け(5-5)という結果に終わった。

 試合後、大学日本代表を率いた生田勉監督は「去年の高校代表チームの選手にもびっくりしたけど、今年はそれ以上に力がある選手がたくさんいた」と苦戦を強いられた一戦を振り返った。

 そして、高校代表の先発を務めた佐々木朗希投手についても言及。「まず先発の佐々木くんのボールで度肝を抜かされた」ことを明かし、今年7月に行われた「日米野球でも素晴らしいピッチャーがたくさんいたけど、それ以上のボールを投げていた」と評価。そのボールを目の当たりにした大学生が「動揺した部分もあると思う」との考えを示した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西