ニュース

山崎武司氏、巨人・岡本は「おおらかな気持ちで打撃をすると…」

無断転載禁止
巨人・岡本和真
 25日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-阪神戦』で解説を務めた山﨑武司氏が、巨人・岡本和真について言及した。

 山崎氏は岡本の打撃について「見ていて、もったいないですよね。彼はアウトコースのスライダーに弱点がありますよね。腰の開きが早いんですよね」と指摘する。

 「でも、ジャイアンツファンの方はご存知だと思いますけど、岡本のホームランは右中間にもバックスクリーンにもとてつもないホームランを放つでしょ。あのバッティングをしていたらあっという間に40発打ちますよ」と分析。

 「ですから、彼も90度で野球をやっていないんですよ。どちらかというと45度。打ちたい、遠くへ飛ばしたいという気持ちがあると開きが生じてくる。少しだけ考え方を変えて『詰まっても俺ライトに入るから』というくらいのおおらかな気持ちでバッティングをすると、40発確実に打てますよね」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM