ニュース

田中将大、7回0封の快投で10勝目 日本人初の6年連続2ケタ勝利達成!

無断転載禁止
敵地でのマリナーズ戦に先発登板したヤンキースの田中将大
● マリナーズ 0 - 7 ヤンキース ○
<現地時間8月27日 Tモバイル・パーク>

 ヤンキースの田中将大投手が27日(日本時間28日)、敵地でのマリナーズ戦に先発登板。7回3安打無失点の快投で今季10勝目(7敗)を挙げ、日本人投手初となるメジャーでの6年連続2ケタ勝利を達成した。

 マリナーズの先発は菊池雄星。メジャー1年目の左腕と、日米通じて初の投げ合いになった。序盤から失点を重ねる菊池とは対照的に、田中は初回から丁寧な投球。2回まで2イニング連続3者凡退をマークすると、3回は一死から四球を与えたが、次打者を注文通りの併殺打に退けた。

 4回はこの試合3度目の3者凡退で終えると、5回は二死一、三塁のピンチを招くも0封。5回まで2安打無失点の快投で勝利投手の権利を得た。6-0の大量リードで迎えた6回もテンポ良く3者凡退。7回は先頭打者に二塁打を浴びピンチを招いたが、ここからギアを上げ、後続3人をピシャリと片付けた。

 田中は7回106球、3安打7奪三振無四死球の快投。マリナーズ戦はデビューから無傷の8連勝とし、今季の防御率を4.47に良化させた。

 ヤンキース打線は初回、マリナーズ先発・菊池から、2番・ジャッジが通算100号となる17号2ランを放ち先制。3回は5番・ガードナーが18号3ランを右翼席へ運び、好投する田中を援護した。

 菊池は2被弾含む8安打を浴び、4回5失点で9敗目(5勝)。ヤンキース打線にノックアウトされ、防御率は5.36に悪化した。

▼ 田中将大の年度別成績
14年:13勝5敗/防御率2.77
15年:12勝7敗/防御率3.51
16年:14勝4敗/防御率3.07
17年:13勝12敗/防御率4.74
18年:12勝6敗/防御率3.75
19年:10勝7敗/防御率4.47
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西