ニュース

DeNAサヨナラ3連勝で巨人との5差キープ 山本V打、武藤は新天地初白星!

無断転載禁止
DeNA・武藤祐太
2019.08.28 18:00
横浜DeNAベイスターズ 7 終了 6 東京ヤクルトスワローズ
横浜
○ DeNA 7x - 6 ヤクルト ●
<23回戦・横浜>

 DeNAがサヨナラ勝ちで3連勝。延長12回の熱戦を制し、首位・巨人との5ゲーム差をキープした。

 DeNAは4番・ソトの33号ソロなどで一時4点リード。しかし、先発の平良が2被弾を含む5回5失点(自責点4)で降板し、ヤクルトに逆転を許した。それでも1点追う6回、この日31歳の誕生日を迎えた代打・梶谷が、バースデー弾となる2号同点ソロを右中間席へ。再び1点を追う8回は、7番・神里の右前適時打で6-6の同点に追いついた。

 12回は二死一塁と追い込まれるも、途中出場の戸柱、9番・細川が連続四球。二死満塁とし、最後の野手だった代打・山本が、サヨナラ打を右前へ運んだ。

 投げては10回から登板した国吉が2回無安打4奪三振無失点の好リリーフ。11回は二塁・石川の落球で無死二塁のピンチを招いたが、送りバントで一死三塁とされたあと、代打・川端、途中出場の山崎を連続三振に仕留めた。12回は6番手の武藤が満塁のピンチを招くも無失点。2017年オフに中日を戦力外となり加入2年目の右腕は、これが新天地での初勝利となった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西