ニュース

真中氏、3回途中10失点の広島・大瀬良に「こういう時もあります」

無断転載禁止
広島・大瀬良大地 (C)Kyodo News
2019.08.29 18:00
読売ジャイアンツ 12 終了 4 広島東洋カープ
東京ドーム
○ 巨人 12 - 4 広島 ●
<23回戦・東京ドーム>

 広島のエース・大瀬良大地が、3回途中10失点でノックアウトされた。

 大瀬良は1-0の2回、一死走者なしから阿部慎之助に死球、ゲレーロに四球を与えると、大城卓三に逆転の2点適時二塁打を浴びた。

 さらに3回は、丸佳浩に適時打、岡本和真に3ラン、大城に2点適時二塁打を打たれるなど、2回1/3を投げ7被安打、4与四死球、10失点で降板した。

 29日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた真中満氏は、大瀬良について「立ち上がりはよかったんですけど、2回ですよね。阿部に死球、ゲレーロを歩かせてから、リズムが完全に崩れてしまいましたね。でも大瀬良も人間ですからね。こういう時もあります。これは、しょうがないですよね。チームのみんなでカバーするしかないです」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM