ニュース

若き侍、スペインに大苦戦もなんとか白星発進!8回に中軸の3連打で一挙4得点

無断転載禁止
ヒヤヒヤの展開も初戦勝利を飾った日本

第29回 WBSC U-18 ベースボールワールドカップ

○ 日本 4 - 2 スペイン ●
<8月30日・オープニングラウンド>

 『第29回 WBSC U-18 ベースボールワールドカップ』が韓国・機張(キジャン)で開幕。悲願の世界一をめざす侍ジャパン・U-18代表はオープニングラウンド初戦でスペインに逆転勝ち。序盤は思わぬ苦戦を強いられるも、8回に一挙4点の猛攻で試合をひっくり返した。

 重要な初戦の先発マウンドを託されたのは、この夏の甲子園でも好投を見せた池田陽佑(智弁和歌山/3年)。立ち上がりから得意のスライダー・カットボールを中心とした投球でゴロの山を築き、3回まで毎回の3奪三振で打者9人をパーフェクト投球。素晴らしいスタートを見せる。

 ところが、打線がスペイン先発・ルナの前に苦戦を強いられ、こちらも内野ゴロの連続。相手の堅い守備を破ることができず、3回まで1安打で無得点と攻略の糸口を掴むことができない。

 すると4回、池田は先頭にこの日はじめての安打を許すと、後続は連続三振に斬ったものの、4番・ゴンザレスは三塁前ボテボテの当たりが内野安打に。嫌な形で二死ながら一・二塁とされると、続く5番のフェルナンデスには甘く入った初球のスライダーを弾き返され、この打球が風にも乗ってライトオーバー。これが走者一掃の適時三塁打となり、スペインに2点の先行を許してしまった。


 その後も打線はスペイン先発の右腕に苦しみ、なんと1安打のまま6回まで終了。いよいよ嫌な空気も漂い始めたなか、7回裏に先頭の韮澤雄也(花咲徳栄/3年)がライトへの安打。久々に安打で走者を出すと、二死のあとに四球で一・二塁のチャンス。ここで打席が巡ってきた武岡龍世(八戸学院光星/3年)は逆らわずに左中間に弾き返すも、ふらふらと舞い上がった打球は突っ込んできた左翼手・ロドリゲスのグラブの中。好守に阻まれ、反撃の得点を挙げることができない。

 それでも、6回からリリーフした前佑囲斗(津田学園/3年)が3イニングを1安打・3奪三振で無失点に抑える好投を見せると、8回にようやく打線が奮起。好投のルナからバトンを受けたエルナンデスに対し、一死から代打の宮城大弥(興南/3年)が内野安打で出塁。さらに二死から坂下翔馬(智弁学園/3年)がセーフティバントを決めて内野安打でチャンスを広げると、3番・韮澤がしぶとく二遊間を破る安打を放ち、この間に二塁から森が生還。ついに1点を返す。

 なおも二死ながら一・三塁という絶好のチャンスに、4番の石川昂弥(東邦/3年)が三塁線を破る適時打を放って2-2の同点に追いつくと、つづけて二死一・二塁から遠藤成(東海大相模/3年)が左中間突破の2点適時二塁打。中軸の3連続適時打で一挙4点をあげ、一気に試合をひっくり返した。

 リードを奪って迎えた9回表は、大学日本代表との壮行試合でも好リリーフを見せた飯塚脩人(習志野/3年)が登場。二死から安打で走者を許すも、冷静に後続を斬って得点は許さず。危機的状況から奮起して終盤のチャンスを見事に掴んだ日本が、苦しみながらも白星スタートを切った。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西