ニュース

広島連敗ストップ、九里が粘投7勝目 DeNA6連勝ならず、京山は自身7連敗

無断転載禁止
DeNA戦に先発した広島・九里
2019.08.31 18:00
広島東洋カープ 4 終了 2 横浜DeNAベイスターズ
マツダスタジアム
○ 広島 4 - 2 DeNA ●
<23回戦・マツダスタジアム>

 広島は連敗を3でストップ。貯金を再び2とし、2位・DeNAとのゲーム差を2.5に縮めた。

 広島は3回、4番・松山の右前適時打で先制。続く会沢は10号2ランを左翼席へ運び3-0とリードを広げた。5回は先頭の2番・野間の四球を口火に好機を作り、6番・安部の右翼線適時二塁打で4点目。2番に入った野間は2安打1四球で計3出塁。盗塁も1つ決め、首脳陣のスタメン抜擢に応えた。

 投げては先発の九里が粘投。初回から走者を背負う投球が続いたが要所を締めた。6回1/3を投げ、6安打5奪三振4四球の内容。7回は2番手・中村恭の助けも借り、7回途中2失点で7勝目(7敗)を挙げた。

 2点リードの8回は3番手・遠藤をマウンドに送ったが、先頭打者にストレートの四球を出したところで早くも降板。最後はフランスアが2イニングを無失点に抑え、助っ人左腕は8セーブ目(6勝5敗)をマークした。

 DeNAは投打とも振るわず連勝は5でストップ。先発の京山は5回途中4失点で6敗目(0勝)を喫し、昨季の最終登板から自身7連敗となった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西