ニュース

ヤクルト4カードぶりの勝ち越し 中日は2連敗、最後は盗塁死で試合終了

無断転載禁止
ヤクルト・バレンティン(C)KYODO NEWS IMAGES
2019.09.01 14:00
中日ドラゴンズ 1 終了 3 東京ヤクルトスワローズ
ナゴヤドーム
● 中日 1 - 3 ヤクルト ○
<23回戦 ナゴヤドーム>

 ヤクルトは4カードぶりの勝ち越し。中日は打線が振るわず2連敗となった。

 ヤクルトは初回、立ち上がり不安定な中日先発・大野雄を攻め一死二、三塁の好機を作ると、4番・バレンティンが中前への2点適時打を放ち先制。2回以降は立ち直った大野雄に苦戦したが、1点リードの7回に6番・村上の二塁打を口火に好機を作り、大野雄の暴投により貴重な3点目を奪った。

 投手陣は先発・スアレスが4回途中1失点で降板するなど小刻みな継投。2番手以降の高梨、石山、坂本、梅野、マクガフは無失点リレーでつなぎ、2番手の高梨が5勝目(7敗)、マクガフは8セーブ目(5勝3敗)をマークした。

 中日はヤクルトを上回る7安打を放つも、この日も拙攻が目立ち最少得点。先発の大野雄は7回3失点と粘ったが、打線の援護なく8敗目(7勝)を喫した。2点を9回は二死一、三塁の好機を作るも、代走・遠藤が二盗に失敗しあっけない幕切れ。本拠地で最下位・ヤクルトに連敗し、借金は再び11となった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西