ニュース

菊池雄星が5回3失点の粘投で6勝目!

無断転載禁止
● レンジャーズ 3 - 11 マリナーズ ○
<現地時間9月1日 グローブライフ・パーク>

 マリナーズの菊池雄星投手が1日(日本時間2日)、敵地でのレンジャーズ戦に先発登板。打線の援護も受けながら5回3失点と粘りの投球を見せ、今季6勝目を手にした。

 菊池は4点の援護を得て迎えた1回裏、先頭の1番・デシールズ、続く2番・サンタナに連打を浴びて無死一二塁のピンチを背負うと、3番・アンドルスの左飛で走者がタッチアップし、一死二三塁に。その後、4番・ソラックに死球を与えて満塁となり、内野ゴロの間に1点を奪われたが、立ち上がりのピンチを最少失点で切り抜けた。

 2回裏も先頭打者にヒットを打たれて出塁を許したが、後続をしっかり押さえると、3回表に味方打線が再び援護。6-1と5点のリードを得て迎えた3回裏には、ヒットとワイルドピッチで得点圏に走者を置くと、4番・ソラックに適時三塁打を浴びて失点を喫した。さらに内野ゴロの間に3失点目を許したものの、15個のアウトのうち11個を内野ゴロで奪うピッチングで試合を作り、5回79球で降板。菊池の後を受けた投手たちも走者を許しながら得点は許さず、マリナーズが11-3で大勝した。

 
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西