ニュース 2019.09.03. 21:25

真中氏、巨人・メルセデスの投球に「今日は厳しいなと感じました」

無断転載禁止
巨人のメルセデス(C)Kyodo News
2019.09.03 18:00
読売ジャイアンツ 3 終了 4 中日ドラゴンズ
新潟
● 巨人 3 - 4 中日 ○
<21回戦・新潟>

 巨人の先発・メルセデスが3回途中2失点で降板し、8敗目を喫した。

 メルセデスは0-0の初回一死二塁から福田永将に2ランを浴びる。2回は三者凡退に抑えたが、3回は3本の安打を許し、二死一、三塁、阿部寿樹を迎えたところで降板した。

 3日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-中日戦』で解説を務めた真中満氏は、メルセデスの投球に「失点は2点ですけど、7本のヒットですよね。ストレートの走り、スライダーのキレを見ていても、今日のメルセデスは厳しいなと感じましたね」と振り返った。

 また、原監督の采配について真中氏は「勇気ある決断ですよね。なかなか3回の途中で代えられないですからね」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM