ニュース

真中氏、巨人・ゲレーロの7回の走塁に「悪くはなかった」

2019.09.03 18:00
読売ジャイアンツ 3 終了 4 中日ドラゴンズ
新潟
● 巨人 3 - 4 中日 ○
<21回戦・新潟>

 3日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-中日』で解説を務めた真中満氏が、巨人・ゲレーロの7回の送球について言及した。

 1-4の7回無死走者なしからゲレーロが二塁打を放ち出塁。続く代打・若林晃弘のライト前ヒットで、二塁走者のゲレーロは三塁でストップも、ライトからの送球を捕手・大野が弾く。ゲレーロは、がら空きとなったホームを狙うも、弾いたボールを三塁・高橋がキャッチし、慌ててホームに戻った大野に素早く送球。ゲレーロはホームタッチアウトとなった。

 真中氏は「ゲレーロの走塁は悪くなかった。いい判断だったと思います。ただ大野がうまくバックしながらタッチしましたからね。難しい態勢でしたけどね」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM