ニュース

野村弘樹氏、巨人・丸を心配「内容が悪いなという印象」

無断転載禁止
巨人・丸佳浩(C)Kyodo News
 6日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-巨人戦』で解説を務めた野村弘樹氏が、巨人・丸佳浩の状態を心配した。

 1-2の5回一死一塁から、ヤクルトの先発・石川雅規が2ボールから投じた3球目の変化球を空振りしたときに野村氏は「丸はやっぱりよくないですね。2ボールからあんな空振りする丸をなかなか見ないんですよ。ヒッティングカウントですごく中途半端なスイングに見えたので、状態が悪いのかなと見てしまいましたね」と指摘。

 結局、この打席はレフトフライに倒れた。野村氏は「アウトコースのストレートなんですけど、詰まっているんですね。やっぱりよくないと感じますね。外のストレート系で若干甘いんですよ。一番良い時だったら、間違いなく左中間に放り込んでいます。あれが詰まらせてレフトフライですからね」と話していた。

 試合後も、野村氏は丸の打撃について「今日見る限りは、内容が悪いなという印象を受けましたね。絞りきれていないというのもあるでしょうし、打席の中で迷っているなという雰囲気を感じますね」と心配していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM