ニュース

侍U18、拙攻拙守で豪州に敗れる…3位決定戦にも進めず5位での敗退が決定

無断転載禁止
U-18日本代表
● 日本 1 - 4 オーストラリア ○
<9月7日・スーパーラウンド>

 韓国・機張(キジャン)で開催中の『第29回 WBSC U-18 ベースボールワールドカップ』。若き日本代表・侍ジャパンは7日、オーストラリア代表に敗れ、今大会を5位で終えることになった。

 またしても守備が乱れた。日本は1点を先制した直後の2回表、先発・浅田将汰(有明/3年)が先頭打者を三ゴロに仕留めるも、捕球した三塁・石川昂弥(東邦/3年)が一塁へ悪送球。これが内野安打となり先頭打者の出塁を許すと、次打者には右前打を浴び無死一、三塁のピンチを招いた。

 続く8番・マクドナルドのゴロは遊撃・武岡龍世(八戸学院光星/3年)の守備範囲だったが後逸。捕球していれば併殺も狙えた打球だったが、結果は同点となる中前適時打となった。浅田は9番・マカラムに四球を与えピンチは無死満塁に拡大。1番・バザーナには左前適時打を浴び、1-2と逆転を許した。

 ここで日本ベンチは、浅田を諦め前佑囲斗(津田学園/3年)にスイッチ。前は2番・レイを三ゴロに仕留めたものの、今度はこの打球を三塁・石川が後逸。この適時失策で2者が生還し、1-4とリードを広げられた。

 打線は初回、4番・石川の内野ゴロの間に先制するも、逆転された2回以降は相手の先発右腕・ビドイズに苦戦。3回、4回はいずれも併殺でチャンスの目を摘むなど拙攻が続いた。ビドイズが降板した8回以降も救援陣の前に無得点。オーストラリア投手の前にわずか3安打に封じられた。

 投手陣は、2番手の前が3回以降0封。その後も3番手の池田陽佑(智弁和歌山/3年)が好リリーフを見せたが、勝利にはつながらなかった。

 決勝進出へ勝利が絶対条件の日本だったが、2勝3敗でスーパーラウンド終了。すでに3勝を挙げている台湾、アメリカに加え、この日の勝利で3勝2敗としたオーストラリアをも勝敗数で下回った。この結果、3位決定戦進出の可能性も消滅。2勝3敗で並ぶ可能性がある韓国には直接対決で敗れているため、他国の結果を待たず大会5位での敗退が決定した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西