ニュース

中日”上位いじめ”の5連勝! 巨人3タテに続きDeNAにも連勝、柳は初10勝

無断転載禁止
中日・柳裕也
2019.09.07 14:00
中日ドラゴンズ 8 終了 3 横浜DeNAベイスターズ
ナゴヤドーム
○ 中日 8 - 3 DeNA ●
<21回戦 ナゴヤドーム>

 中日は2カード連続の勝ち越し。前カードの首位・巨人3タテに続き2位・DeNAにも連勝。5連勝で借金を6に減らした。

 中日は2点を先制された直後の1回裏、4番・ビシエドの適時二塁打で1点を返すと、さらに一死満塁から、6番・阿部の併殺崩れの間に2-2の同点に追いついた。2回は2安打と敵失で無死満塁とし、2番・京田の左犠飛で逆転。その後も、3番・福田の適時二塁打、ビシエドの右犠飛、5番・高橋の中前適時打で6-2とリードを広げた。

 3回以降も1番・大島の中犠飛、8番・大野奨のスクイズで加点。この日は効率良く得点を重ね、8回までに先発野手全員安打の12安打8得点をマークした。

 先発の柳は初回、3番・ソト、4番・筒香に連続ソロを浴び2失点。それでも2回以降は立て直し、7回を5安打8奪三振3失点にまとめた。右腕はプロ入り3年目で初のシーズン10勝(5敗)到達。8回以降は福、岡田が無失点リレーで締めた。

 DeNAは3連敗で5カードぶりの負け越しが決定。先発の上茶谷は自らのミスもあり、2回途中6失点(自責点3)で6敗目(6勝)を喫した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西