ニュース

里崎氏、巨人・岡本の逆転弾に「まさに4番の一振り」

無断転載禁止
逆転2ランを放った巨人・岡本(C)KyodoNews
2019.09.10 18:00
横浜DeNAベイスターズ 2 終了 4 読売ジャイアンツ
横浜
● DeNA 2 - 4 巨人 ○
<20回戦・横浜>

 巨人の4番・岡本和真がチームを勝利に導く逆転2ランを放った。

 5回までDeNAの先発・今永昇太の前にジャイアンツ打線は1安打に抑え込まれる。巨人打線は6回も簡単に2アウトとなった。それでも、丸が四球を選ぶと、続く4番・岡本は今永が投じた初球のフォークをジャイアンツファンの待つレフトスタンドに放り込んだ。

 この一撃に『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA-巨人戦』で解説を務めた里崎智也氏は「まさに4番の一振り。フォークボールが若干高めに入りましたけど、タイミングはどんぴしゃでしたね。アウトになってもいい感じに打っていると、甘くなると仕留められる力は十分にありますよね」と振り返った。

 岡本は3-1の8回にも、2番手・エスコバーの155キロのストレートをレフトスタンド中段に運ぶソロを放った。里崎氏は「完璧でしたね。球速もあるなか高めのストレートに力負けせずに、打った瞬間でしたね」と称賛した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM