ニュース

ソフトB逆転負け、首位陥落&西武に逆M9点灯許す…甲斐野4失点で5敗目

無断転載禁止
ソフトバンクの工藤公康監督
2019.09.15 13:00
北海道日本ハムファイターズ 7 終了 5 福岡ソフトバンクホークス
札幌ドーム
○ 日本ハム 7 - 5 ソフトバンク ●
<22回戦・札幌ドーム>

 日本ハムが逆転勝利。敗れたソフトバンクは首位の座から陥落し、ロッテに勝利した西武に逆マジック「9」の点灯を許した。

 ソフトバンクは4番・デスパイネの34号2ランなどで4回まで4点リード。しかし、先発の和田が中盤以降に3点を失い日本ハムに1点差に詰め寄られた。

 そのまま逃げ切りを図ったが、1点リードの8回に登板した甲斐野が誤算。一死一、二塁から4番・中田に同点適時打を許すと、その後も一死満塁とピンチを広げ、6番・清宮には逆転となる2点適時打を右前に運ばれた。さらに、代わったスアレスも8番・清水に適時打を許し4-7。甲斐野は1/3回、4安打1四球4失点の内容で今季5敗目(2勝8セーブ)を喫した。

 3点を追う9回、代打・明石の4号ソロで2点差。なおも二死満塁と一打同点の好機を作ったが、最後は6番・松田宣が遊ゴロに倒れた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西