ニュース

日本ハムの“東京戦士”で“松坂世代”の實松ファーム育成コーチ兼捕手が現役引退

無断転載禁止
 日本ハムは17日、實松一成ファーム育成コーチ兼捕手(38)の今シーズン限りでの現役引退を発表した。

 實松は球団を通じ、「この度、今シーズン限りで引退することを決断いたしました。21年間、いろいろな経験をさせていただき、ありがとうございました。ファイターズ、読売巨人軍、また現役の間に温かい声援をいただいたファンの皆様には感謝の思いしかありません。本当に、ありがとうございました」とコメント。感謝の意を示した。

 1998年のドラフトで日本ハムから1位指名(松坂大輔の外れ1位)を受けて入団。2006年の開幕前に、岡島秀樹投手との交換トレードで古城茂幸選手とともに巨人へ移籍し、17年までプレーした。しかし17年オフに戦力外通告を受け、古巣である日本ハムに二軍育成コーチ兼捕手として復帰。今年は開幕一軍メンバーに名を連ね、5試合に出場していた。

 今回の発表を受け、松坂世代がまたひとり現役から退くことに。また、すでに今季限りでの引退を発表している田中賢介選手に続き、東京ドームを本拠地としていた時代を知る、日本ハムの“東京戦士”が引退。これで、チームに残る“東京戦士”は、鶴岡慎也選手を残すのみとなった。

▼ 實松一成(さねまつ・かずなり)
生年月日:1981年1月18日
出身地 :佐賀県
守備位置:捕手
身長体重:177cm/88kg
投  打:右投右打
経  歴:佐賀学園高-日本ハムファイターズ/北海道日本ハムファイターズ(1998年ドラフト1位、1999-2006)-読売ジャイアンツ(2006-2017)-北海道日本ハムファイターズ(ファーム育成コーチ兼捕手、2018-2019)
通算成績:516試合、打率.166(825-137)、20本塁打、58打点
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西