ニュース

中日、終盤に鮮やか逆転勝ち! 巨人・高橋、6回まで無安打投球も6勝目ならず

無断転載禁止
大島洋平
2019.09.18 18:00
中日ドラゴンズ 3 終了 1 読売ジャイアンツ
ナゴヤドーム
○ 中日 3 - 1 巨人 ●
<24回戦・ナゴヤドーム>

 中日が逆転で2連勝。3位・広島との差は「3.5」に縮まった。巨人は先発・高橋の快投を活かすことが出来ず、マジックは「4」で変わらなかった。

 先制に成功したのは巨人。0‐0で迎えた5回、2番・田中俊太の適時打で均衡を破る。投げては先発・高橋優貴が、6回まで中日打線を無安打に封じる完璧な投球を見せた。

 しかし、CS出場に向けて負けられない中日は、7回に3番・福田永将がチーム初安打を放つ。続く4番・ビシエドもライトへのポテンヒットで出塁し、5番・高橋周平の犠打で一死二三塁の好機を作った。巨人の先発・高橋はここで降板。。2番手・大竹寛は6番・阿部を遊ゴロに仕留めるも、その間に三塁走者が生還して試合は振り出しに。その後、7番・大島洋平が3番手・田口麗斗から第2号2ランを放ち、勝ち越した。

 逆転した後のイニングはロドリゲス、岡田俊哉が無失点に封じ、中日が2連勝とした。R.マルティネスが今季初勝利を挙げた。

 巨人はルーキー・高橋が快投を見せたものの、スタメンから坂本勇人を欠いた打線が9安打1得点の拙攻で、流れをつかみ切れず。マジックは「4」で変わらなかった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西