ニュース

山本昌氏、巨人打線に「坂本選手、丸選手がしっかり機能してこそ」

無断転載禁止
巨人・丸佳浩(C)Kyodo News
2019.09.19 18:00
中日ドラゴンズ 2 終了 1 読売ジャイアンツ
ナゴヤドーム
○ 中日 2 - 1 巨人 ●
<25回戦・ナゴヤドーム>

 優勝マジック4の首位・巨人が中日に1-2で敗れ、3連敗となった。

 巨人は0-0の6回に坂本勇人の第37号ソロで先制。その裏、先発・メルセデスが福田永将に適時二塁打を浴び同点に追いつかれる。1-1の8回から登板した沢村が誤算だった。一死走者なしから平田良介に二塁打を打たれると、二死後、福田永将に適時二塁打を打たれ勝ち越しを許した。9回は2番・坂本勇人から始まる好打順も3人で打ち取られた。

 東海ラジオの制作で、ニッポン放送ショウアップナイターでも放送された中日-巨人戦で解説を務めた山本昌氏は19日、敗れた巨人について「ジャイアンツも優勝目前で気合が入っていると思います。ただドラゴンズの方が調子の良い打者が少し多くいたというところで、投手に関しては互角のなかでそういう差がでましたよね」と振り返った。

 また、巨人打線はここ3試合で3得点しか奪えていない。巨人打線について山本氏は「坂本選手、丸選手がしっかり機能してこそのジャイアンツ打線。その周りを固める岡本選手であったり、トップバッターの出塁がないと苦しいかなと思いますね」と話していた。

(提供:東海ラジオ ガッツナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM