ニュース

オリの「18」、14年目の決断…岸田護が現役引退を発表

無断転載禁止
オリックス・岸田護

先発・中継ぎ問わず活躍


 オリックスは20日、岸田護投手(38)が今季限りで現役引退することを発表した。

 2005年のドラフト3位でNTT西日本からオリックスに入団し、今年でプロ14年目・38歳を迎えた右腕。2009年にはローテーションに入って2ケタ・10勝を挙げ、背番号を「18」に変更した2010年以降はリリーフとして6年連続で50試合以上に登板するなど、様々な役割でチームを支えてきた。

 近年は度重なる故障にも悩まされて苦しいシーズンを送ってきたものの、昨季は一軍で17試合に登板して防御率2.35をマーク。復活の兆しを見せたかに思われたが、今季はここまで一軍登板なし。シーズンも残りわずかとなったところで、ついにユニフォームを脱ぐ決断を下した。


▼ 岸田護(きしだ・まもる)
ポジション:投手
投打:右投右打
身長/体重:180センチ/80キロ
生年月日:1981年5月10日
経歴:履正社高-東北福祉大-NTT西日本-オリックス(05年・大社D3)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西