ニュース

あと一死からハマスタでの胴上げを阻止できず…DeNA・ラミレス監督「こういうことが起こるのも野球」

無断転載禁止
2019.09.21 17:00
横浜DeNAベイスターズ 2 終了 3 読売ジャイアンツ
横浜
● DeNA 2-3 巨人 ○
<9月21日 横浜スタジアム>

 DeNAが勝てば優勝の望みが残り、負ければ巨人の優勝が決まる大一番。DeNAの勝利が目前に迫った9回表、2アウトから悪夢が待っていた。

 DeNAは2回に乙坂智の2ランで先制すると、先発のドラ1ルーキー上茶谷大河が6回まで強力ジャイアンツ打線をわずか2安打、無失点に抑える快投を見せる。しかし、 7回に二塁打と死球などで一死一三塁となったところで降板となった。その後、エスコバーがマウンドに上がったが、代打・阿部慎之助に投じたスライダーを戸柱恭孝が後逸。1点を返されたが、後続を断ち最少失点で切り抜けた。

 8回もエスコバーがキッチリ抑え、最終回は満を持して守護神の山崎康晃を投入。簡単に2アウトを奪った後、重信、若林に連続で四球を与えてしまうと、小林誠司にライト前ヒットを打たれ、梶谷隆幸の必死の送球も及ばず土壇場で同点に。

 延長10回には、三嶋一輝が亀井善行、坂本勇人に連続四球。丸佳浩、岡本和真を打ち取るも、“伏兵”増田大輝にセンター前に運ばれて勝ち越されると、ベイスターズに再び追いつく力は残っていなかった。

 本拠地の横浜スタジアムのマウンドで宙を舞う敵将・原辰徳監督を、ベンチで見つめるDeNAナインの中には目を赤くし、悔しさを表すものもいた。ラミレス監督も「いい試合だったがこういうことが起こるのも野球」と語り、「これからはプランB(2位)に向かってベストを尽くす」と切り替えた。

 また、「数カ月前の状況から、優勝争いまでできた。選手はよくやってくれた。恥ずべき事はない」と総括。今日のゲームに関して、抑えることができなかった山崎康晃に「今年よくやってくれているベストのピッチャー。結果は仕方がない」とし、パスボールが失点につながった戸柱にも「エスコバーのスライダーはスリークォーターから投げてくるので捕りにくい。あり得ること」と、選手を責めることは決してなかった。

 この日の結果を受け、これからは目標を2位に設定。念願でもある“本拠地”ハマスタでのCS開催を叶え、勝ち抜いた上で“敵地”東京ドームでの雪辱を狙う。


取材・文 = 萩原孝弘(はぎわら・たかひろ)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西