ニュース

広島、粘る中日下しCSへ前進! 会沢がサヨナラ打、長野3安打2打点

無断転載禁止
広島・長野久義
2019.09.23 14:00
広島東洋カープ 4 終了 3 中日ドラゴンズ
マツダスタジアム
○ 広島 4x - 3 中日 ●
<24回戦・マツダスタジアム>

 広島は連敗を4でストップ。粘る中日をサヨナラ勝ちで下し、4年連続となるクライマックスシリーズ(CS)進出に前進した。

 広島は今季限りでの引退を発表した永川が先発登板。中日の1番・大島を一ゴロに仕留めると、チーム一筋17年の右腕は本拠地ファンの大声援を浴びながらマウンドを降りた。1回途中から2番手の大瀬良が力投。右腕は6回2/3を4安打1失点に抑え、同点の8回は3番手・菊池保がパーフェクト救援でつないだ。

 打線は初回、二死から3番・鈴木が左越え二塁打を放つと、相手先発・大野雄の暴投で二死三塁となったあと、4番・長野が技ありの先制適時打中前へ運んだ。1-1のまま迎えた8回も、長野が冷静に押し出し四球を選び勝ち越し。さらに、5番・松山も遊撃を強襲する適時打内野安打を放ち3-1とリードを広げた。

 しかし9回表、抑えのフランスが中日のビシエドに痛恨2ラン被弾。勝利目前で試合は振り出しに戻った。それでも広島は10回裏、長野のこの試合3安打目となる右前打などで一死満塁の好機を作ると、6番・会沢がサヨナラ打を中前へ。永川の引退試合を劇的勝利で飾った。

 広島は貯金を1とし、あと1試合を残し勝率5割以上でのシーズン終了が確定。中日とのゲーム差を2.5に広げ、試合のなかった4位・阪神との差も2に広がった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西