ニュース

楽天、ウィーラーの決勝弾で2年ぶりCS決定! ソフトバンクは2年連続V逸

無断転載禁止
逆転2ランを放ったウィーラーを迎える楽天・平石監督
2019.09.24 18:00
東北楽天ゴールデンイーグルス 4 終了 2 福岡ソフトバンクホークス
楽天生命パーク
○ 楽天 4 - 2 ソフトバンク ●
<25回戦・楽天生命パーク>

 3位の楽天が2位・ソフトバンクに逆転勝ち。西武がロッテに勝利しリーグ連覇を決めたため、楽天の2年ぶりとなるクライマックスシリーズ(CS)進出、ソフトバンクの2年連続V逸が確定した。

 楽天はソフトバンク先発・千賀の前に5回まで無得点。それでも1点を追う6回、二死一塁の場面で、7番・ウィーラーが逆転となる19号2ランを左翼席へ運んだ。来日5年目の助っ人は「打ったのはフォーク。負けられない試合だからね。絶対に打ってやろうと思っていたよ。いいところで良い一本が打てて良かったヨ」とコメント。一発で試合をひっくり返した。

 7回は2つの四球で一死一、二塁の好機を作ると、代わったばかりのソフトバンク3番手・モイネロの初球に二走・オコエ、代走の一走・辰己が重盗を敢行。これが見事に決まると、捕手からの送球を受けた三塁・松田宣の捕球ミスもあり、オコエが3点目となる本塁生還を果たした。なおも一死三塁から、3番・浅村が中堅フェンス直撃の適時二塁打をマーク。4-1とリードを広げた。

 投げては先発の美馬が5回1失点とゲームメイク。右腕は今季の通算投球回を143回2/3とし、2年ぶりとなる規定投球回クリアを果たした。6回からは2番手・宋家豪が2イニングを無失点。イニングまたぎの力投で今季3勝目(2敗)を挙げた。3点リードの9回に松井がピンチを招いたが、相手の反撃を1点に食い止め37セーブ目(2勝8敗)。何とかリードを守り抜いた。

 ソフトバンクは4回、5番・デスパイネの36号ソロで先制するも、6回に先発・千賀が痛恨の逆転被弾。右腕は6回2失点と力投したが8敗目(13勝)を喫した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西