ニュース

ソフトバンク、一発攻勢で逆王手! 柳田&デスパ&福田弾で美馬攻略

無断転載禁止
1回裏に同点ソロを放つソフトバンクの柳田。捕手・堀内
2019.10.06 13:00
福岡ソフトバンクホークス 6 終了 4 東北楽天ゴールデンイーグルス
ヤフオクドーム
パCSファーストステージ第2戦
○ ソフトバンク 6 - 4 楽天 ●
<10月6日 ヤフオクドーム>

 ソフトバンクが逆転勝ち。ファーストステージ対戦成績を1勝1敗のタイに戻し、ファイナルステージ進出へ逆王手をかけた。

 ソフトバンクは3番・柳田の右越えソロ、4番・デスパイネの左越え2ランなどで3回までに4得点。しかし、先発のバンデンハークが4回途中4失点と踏ん張れず、右腕は同点に追いついたところで降板となった。

 それでも4回、6番・福田が勝ち越しソロを右翼席中段へ。スタメン抜擢に応えた背番号37は「打ったのはフォークです。甘く入って来た球をしっかり仕留められました」と振り返った。6回はデスパイネがこの試合3打点目となる適時打を右前へ。6-4とリードを広げた。

 投手陣は4回途中から嘉弥真、石川、甲斐野、モイネロ、森が無失点リレー。5回以降、楽天打線に得点を与えず逃げ切った。

 楽天は3番・浅村のこのシリーズ3本塁打目となるソロ弾などで4回までに4点を奪うも、先発・美馬が4回5失点を踏ん張れず黒星。右腕はシーズンで好相性だったソフトバンク打線に打ち込まれ、降板後「調子は悪くなかったです。少し考え過ぎて、守りに入ってしまいました。申し訳ないです」と振り返った。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西