ニュース

DeNA、乙坂のサヨナラ2ランで逆王手! 総力戦で阪神の勢い止める

無断転載禁止
DeNA・乙坂智
2019.10.06 14:00
横浜DeNAベイスターズ 6 終了 4 阪神タイガース
横浜
セCSファーストステージ第2戦
○ DeNA 6x - 4 阪神 ●
<10月6日 横浜>

 DeNAが9回裏、代打・乙坂の劇的2ランでサヨナラ勝ち。ファーストステージの対戦成績を1勝1敗のタイに戻した。

 DeNAは初回、4番・ロペスの左越え2ランで先制。3回は3番・筒香の左越えソロで3点目を奪った。先発の浜口は4回まで無失点。しかし5回、二死から2番・北條、3番・福留に連続適時打を許し、1点差に詰め寄られたところで降板となった。

 6回には今永を2試合連続でリリーフ起用するも、二死三塁から代打・上本に左前適時打を浴び同点。大逆転負けの前日同様、嫌な雰囲気が漂った。それでもその裏、二死二塁の好機で、神里が勝ち越し適時打を右前へ。神里は2安打1打点をマークし、4安打を放った第1戦に続き2試合連続マルチ安打とした。

 1点リードの8回から、ラミレス監督は抑えの山崎を投入。守護神は勢いに乗る阪神打線からテンポ良くアウトを重ねた。しかし9回二死、勝利まであと1アウトという場面で福留に痛恨の同点被弾。土壇場で試合を振り出しに戻された。

 それでもその裏、山崎の代打で登場した乙坂が、サヨナラ2ランを右翼席へ。対戦成績をタイに戻し、ファイナルステージ進出に逆王手をかけた。

 阪神は1点を追う9回、福留の起死回生ソロで同点に追いつくも、その裏にイニングまたぎの岩崎が痛恨のサヨナラ被弾。レギュラーシーズンから続いていた連勝は「7」で止まった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西