ニュース

大矢氏、DeNA・神里は「本当にいい働き」

無断転載禁止
DeNAの神里
2019.10.06 14:00
横浜DeNAベイスターズ 6 終了 4 阪神タイガース
横浜
セCSファーストステージ第2戦
○ DeNA 6x - 4 阪神 ●
<10月5日 横浜>

 DeNAの神里和毅が、適時打を含むマルチ安打の活躍で勝利に大きく貢献した。

 前日5打数4安打を放った神里はこの日も、初回の第1打席、内野安打で出塁。4番・ロペスの2ランで生還した。3-3の6回二死二塁の打席では、3番手・ガルシアの外角のストレートをレフト前に弾き返す適時打を放った。

 この打撃に6日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル CSファーストステージ第2戦 DeNA-阪神戦』で解説を務めた大矢明彦氏は、「うまく打ちましたね。アウトコースにいくまっすぐでしたけど、本当にバットの出がスムーズ。絶好調のバッター。うまく芯で捉えましたよね」と絶賛した。

 神里はこの2試合で打率.600(10-6)と打撃好調だ。大矢氏は「昨日(5日)から本当にいい働き。構えが自然体ですよね。何が来ても自分でバットをしっかり出せていける。タイミングを自分で取れるようになっていますよね。無理に力まずに素直にバットが出ていますよね」と神里の打撃を分析した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM