ニュース

ソフトBがファイナル進出!真中氏「投手陣の粘りですよね」

無断転載禁止
CSファイナルステージ進出を決め、捕手高谷と握手を交わすソフトバンク・森=ヤフオクドーム(C)KyodoNews
2019.10.07 18:00
福岡ソフトバンクホークス 2 終了 1 東北楽天ゴールデンイーグルス
ヤフオクドーム
パCSファーストステージ第3戦
○ ソフトバンク 2 - 1 楽天 ●
<10月7日 ヤフオクドーム>

 2位・ソフトバンクが3位・楽天を2-1で下し、6年連続でファイナルステージ進出を決めた。

 ソフトバンクは1-1の6回一死一、二塁の場面で、先発・高橋礼に代わってマウンドにあがった高橋純平がブラッシュを併殺打に打ち取ると、7回は一死三塁で登板した4番手・甲斐野央がピンチを脱した。するとその裏、この回先頭の内川聖一のソロで勝ち越し。1点リードとなった8回はモイネロ、9回は森唯斗の継投で逃げ切った。

 7日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル CSファーストステージ第3戦 ソフトバンク-楽天戦』で解説を務めた真中満氏は「終盤のソフトバンクの投手陣の粘りですよね。6回、7回と苦しいところをしっかり粘って投げて、8回・モイネロ、9回・森と、最後しっかり締めましたね」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM