ニュース

井端氏、巨人・田口は「ストライク先行できたのが良かった」

無断転載禁止
巨人・田口麗斗(C)Kyodo News
2019.10.09 18:00
読売ジャイアンツ 5 終了 2 阪神タイガース
東京ドーム
セCSファイナルステージ第1戦
○ 巨人 5 - 2 阪神 ●
<10月9日 東京ドーム>

 巨人の田口麗斗が、好救援を見せた。

 5-1の9回から登板した守護神・デラロサが、二死満塁から北條史也に押し出し四球を与えると降板。ここで巨人ベンチは、田口へスイッチを決断する。田口はこのピンチで、木浪聖也を簡単に追い込むと最後は三ゴロに仕留め、試合を締めた。

 9日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター CSファイナルステージ第1戦 巨人-阪神戦』で解説を務めた井端弘和氏は、田口について「ストライク先行できたのが良かったと思います。ボール、ボールとなってしまうとバッター有利になって田口投手も追い込まれてしまう。初球にストライク取れたのが大きかったと思います」と話した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM