ニュース

王手の巨人、岡本&阿部の連続適時打で逆転! 阪神ガルシアは2戦連続の失点

無断転載禁止
巨人・岡本和真
2019.10.11 18:00
読売ジャイアンツ 6 終了 7 阪神タイガース
東京ドーム

後がない阪神は先制直後に3失点…


 日本シリーズ進出に王手をかけている巨人が11日、CSファイナルステージ第3戦(東京ドーム)の3回、4番・岡本の2点適時二塁打、5番・阿部の右前適時打で3-1と逆転した。

 巨人は0-1と1点を追う3回、先頭の代打・若林の死球、1番・亀井の右前打などで一死一、三塁の好機を作った。阪神ベンチはここで、先発・青柳に代えガルシアを投入。左腕に対し3番・丸が四球を選び好機を広げると、満塁から続く4番・岡本が左中間フェンス最上部を直撃する2点適時二塁打を放った。

 2-1と逆転した直後、5番・阿部も右前適時打で続き3点目。連夜の集中打で試合をひっくり返した。

 阪神は8番・梅野の左越えソロで先制するも、早めの継投が裏目に出て一気に3失点。2番手・ガルシアは2試合連続の失点となった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西