ニュース

ノムさん、敗れた巨人は「悔いの残る一戦」

無断転載禁止
巨人・原辰徳監督(C)Kyodo News
2019.10.11 18:00
読売ジャイアンツ 6 終了 7 阪神タイガース
東京ドーム
セCSファイナルステージ第3戦
● 巨人 6 - 7 阪神 ○
<10月11日 東京ドーム>

 11日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター CSファイナルステージ第3戦 巨人-阪神戦』で解説を務めた野村克也氏は、敗れた巨人について言及した。

 巨人は投手陣がピリッとしなかった。先発・戸郷翔征が3回、3安打、2四球、1失点でマウンドを降りると、4回から登板した桜井俊貴が5四死球、3失点。3番手高木京介も0回2/3を投げて、3安打2失点。6-6の9回に、2イニング目となった中川皓太が、大山悠輔に決勝ソロを浴びた。

 巨人投手陣は12被安打、8与四球、1死球、7失点だった。野村氏は敗れた巨人に「(5回の)5点というのはいかんですよ。四球、四球でしょう。大量点を取られるときは必ず四球、失策が絡んでくる。そういった意味で、巨人は悔いの残る一戦じゃないですか」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM