ニュース

佐々木氏、阪神・西に「がっくりした姿を見せてはいけない」

無断転載禁止
巨人―阪神第4戦  6回、勝ち越しを許し、グラウンドに倒れ込む阪神・西=東京ドーム(C)Kyodo News
2019.10.13 15:30
読売ジャイアンツ 4 終了 1 阪神タイガース
東京ドーム
 14日に放送された『ニッポン放送ホリデースペシャル 野球がなければ、ラジオじゃない!』に出演した佐々木主浩氏が、阪神・西勇輝の巨人・丸佳浩にセーフティバントを決められた後の行動について言及した。

 西は1-1で迎えた6回二死三塁の場面で、丸に三塁線にバントを転がされてしまう。素早く打球を処理し、一塁への送球するも送球が逸れ、勝ち越しを許した。西はその後、ショックからか立ち上がれず倒れ込んでしまった。

 この場面に佐々木氏は「フィールディングが上手い選手なので慌てましたよね」と話しながらも、「ただ西はあの後、がっくりした姿を見せてはいけない」とチクリ。

 「あれはしょうがないと切り替えて、すぐマウンドにあがるくらいじゃないと。エース格ですから、あんなガックリした姿を見せてはいけないです。あれで勝負が決まったなと思いますね。ナインにああいう姿を見せてはダメです。まだ行くぞという態度をエース格は見せないと」と自身の見解を述べていた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM