ニュース

ロッテが大船渡・佐々木の1位指名を公表「モノが違う」

無断転載禁止
スカウト会議冒頭の様子
 ロッテは15日、ZOZOマリンスタジアムでスカウト会議を行い、大船渡高の佐々木朗希投手を1位指名すると公表した。

 約4時間のスカウト会議を終えて井口監督は「決まりました。(1位指名は)佐々木投手でいこうと決めました」と第一声。井口監督は佐々木について「球が速くて将来性のある投手ということで、スカウト陣とも一致しました。うちのチームは一番の選手を指名するのが、ここ何年か続いている」と評価。

 松本球団本部長は「僕も長くスカウトの仕事をしていましたので、その中で大谷くん以来の衝撃を受けたというか、モノが違うなという印象を受けていた」と度肝を抜かれたようだ。

 ドラフト会議当日は他球団との競合が予想されるが、くじ引きとなった場合、井口監督がくじを引くことを示唆。3球団が競合した昨年のドラフトでは、井口監督が藤原恭大の交渉権を引き当てた。

 今年のドラフト会議でも、井口監督のガッツポーズを見ることができるだろうか――。注目の『ドラフト会議』は17日に行われる。

文=岩下雄太(いわした・ゆうた)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西