ニュース

佐々木はロッテ、奥川はヤクルト、石川は中日【ドラフト1位指名一覧】

無断転載禁止

広島は森下、DeNAは森を一本釣り!


 2019年度のプロ野球ドラフト会議が17日に都内で行われ、各球団の1位指名選手が出揃った。

 大船渡高・佐々木朗希投手には、今年最多の4球団が競合。日本ハム、ロッテ、楽天、西武のパ・リーグ4球団が抽選した結果、ロッテの井口監督が交渉権を引き当てた。

 星稜高・奥川恭伸投手、東邦高・石川昂弥内野手には、それぞれ3球団が競合。奥川は来季からヤクルトを指揮する高津新監督が、石川は地元・中日の与田監督が交渉権を引き当てた。

 競合が予想された明治大・森下暢仁投手は広島が一本釣り。DeNAも地元・桐蔭学園高の森敬斗内野手の交渉権を単独で獲得した。

ドラフト1位指名一覧


ヤ:奥川恭伸(投手/星稜高)
オ:石川昂弥⇒河野竜生⇒宮城大弥(投手/興南高)
中:石川昂弥(内野手/東邦高)
日:佐々木朗希⇒河野竜生(投手/JFE西日本)
広:森下暢仁(投手/明治大)
ロ:佐々木朗希(投手/大船渡高)
阪:奥川恭伸⇒西純矢(投手/創志学園高)
楽:佐々木朗希⇒小深田大翔(内野手/大阪ガス)
De:森敬斗(内野手/桐蔭学園高)
ソ:石川昂弥⇒佐藤直樹(外野手/JR西日本)
巨:奥川恭伸⇒宮川哲⇒堀田賢慎(投手/青森山田高)
西:佐々木朗希⇒宮川哲(投手/東芝)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西