ニュース

広島が明大・森下を一本釣り 佐々岡監督「ホッとしています」

無断転載禁止
プロ野球ドラフト会議で広島の1位指名を受けた明治大の森下暢仁投手(C)KyodoNews
 2019年度のプロ野球ドラフト会議が17日に都内で行われ、広島が明治大・森下暢仁投手の交渉権を獲得した。

 ドラフト前には競合が予想されたが、一本釣りで広島が森下の交渉権を獲得。佐々岡真司監督は「クジということも考えながらと思っていましたけど、単独で獲れてホッとしています。嬉しいです」と安堵の表情を浮かべた。

 森下を指名の決め手について佐々岡監督は「監督就任したときにビデオを見て、投げっぷり、フォーム、いろんなものを見た中で、すぐに森下君にいきたいと、オーナーにも伝えました」と説明。

 森下の将来について佐々岡監督は、「今うちは若いピッチャーが多い中で、ローテーションに入って、次のエースを目指して頑張って欲しいと思います」と期待を寄せていた。

▼森下暢仁
身長 / 体重:180センチ / 75キロ
投 / 打:右投 / 右打
ポジション:投手
生年月日:97年8月25日

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM