ニュース

ドラフト診断~広島編~ 「即戦力と将来のエース候補をWゲット」

無断転載禁止
広島のドラフト指名選手

各球団のドラフト指名選手を解説!


 10月17日(木)、今年のプロ野球・ドラフト会議が開催され、育成を含めると107名のアマチュア選手がプロ入りの切符を掴んだ。

 ベースボールキングでは、ドラフト会議翌日の18日にYouTubeチャンネルにて「ドラフト会議2019振り返り!」を生配信。アマチュア野球を中心に様々な媒体に寄稿するスポーツライターで、ドラフト会議の当日はCS放送のスポーツチャンネル『スカイA』で生中継の解説も担当した西尾典文さんにご出演いただき、各球団の今年の指名を振り返っていただいた。


広島・指名選手


1位:森下暢仁(もりした・まさと)
投手/22歳 右投右打 明治大

2位:宇草孔基(うぐさ・こうき)
外野手/22歳 右投左打 法政大

3位:鈴木寛人(すずき・ひろと)
投手/18歳 右投右打 霞ヶ浦高

4位:韮澤雄也(にらさわ・ゆうや)
内野手/18歳 右投左打 花咲徳栄高

5位:石原貴規(いしはら・ともき)
捕手/21歳 右投右打 天理大

6位:玉村昇悟(たまむら・しょうご)
投手/18歳 左投左打 県立丹生高


育成1位:持丸泰輝(もちまる・たいき)
捕手/17歳 右投左打 旭川大学高

育成2位:木下元秀(きのした・もとひで)
外野手/18歳 左投左打 敦賀気比高

育成3位:畝 章真(うね・たかまさ)
投手/24歳 右投両打 四国IL・香川


投手の指名「満点に近い」


 広島は公言した大学No.1投手・森下(明治大)を単独使命に成功。「これだけでも十分なくらいですよね」と西尾さんも語ったように、広島ファンの安堵はもちろんのこと、他球団のファンから「森下単独は美味しいな…」という声が多く挙がったほどだった。

 森下について、西尾さんは「来年の戦力は間違いなく上がりますよね。ちょうどBクラスに終わっての新監督就任と言うことで、即戦力を…という流れになったと思いますが、そこで森下投手を競合なしで獲得できたというのは非常に大きいと思います」としつつ、「これまでも大卒投手の大物を獲得してきましたが、大瀬良投手こそエースに君臨しているものの、その他の投手が少し停滞気味ですよね。良かった年もあったけど…という状況になりつつある。そこに喝を入れるという意味でも、大きな指名になったと思います」と好影響を指摘する。

 また、それに加えて、「3位で鈴木投手が獲れたというのも大きかったと思います。大卒の即戦力投手をうまく当ててきた中、そろそろ高卒の将来のエース候補となる投手も欲しかったというところで、鈴木投手がここまで残っていた。それで言うと、6位の玉村投手もですね。高校生左腕で良いものを持っているだけに、即戦力の森下投手と左右の将来のローテ候補が一気に獲得できたというのは、本当に満点に近いと思います」と高卒投手2名についても高評価。今後に大きな期待を寄せた。


宇草は「プロでさらなる成長も」


 森下に続く2位では、大卒外野手の宇草を指名した。

 宇草については、「足はもともと良いものをもっていましたし、宇草選手の場合は大きくて速いので華があるんですよね。苑田さん(聡彦/スカウト部長)も高校時代から注目していたくらいのスピードを持っている選手で、『カモシカみたいやな』ってよく言ってました」と振り返る。

 今年はスローイングに不安要素を露呈したこともあったが、「何とも言えないところですが、当然すべてを調査したうえでの指名だと思います。即戦力となるスピードは持ちながらも打撃のスケール感なんかはまだまだ成長できる余地を残していると思うので、将来はトリプルスリーなんかも。期待できる器だと思います」と、プロの舞台でのさらなる飛躍にも太鼓判を押した。

 4位では、今回唯一の内野手となる花咲徳栄高・韮澤も指名。「二遊間で言うと昨年も小園選手を獲得していますけど、菊池選手の去就のことや、田中選手の故障のこともあります」と現状の不安点を挙げつつ、「若手も楽しみな選手が二軍にいますが、この選手がここで獲得できるなら損はないですよね。花咲徳栄も徐々にブランドになりつつありますし、こちらも数年後たのしみです」と紹介。

 “育成の広島”らしく、野手は鍛えがいのある選手を多く獲得した印象だ。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西