ニュース

若松氏、巨人・山本の失策に「守備は…」

無断転載禁止
7回ソフトバンク無死、デスパイネのゴロを後逸した巨人の三塁手山本=ヤフオクドーム(C)Kyodo News
2019.10.20 18:30
福岡ソフトバンクホークス 6 終了 3 読売ジャイアンツ
ヤフオクドーム
SMBC日本シリーズ2019・第2戦
○ ソフトバンク 6 - 3 巨人 ●
<10月20日 ヤフオクドーム>

 巨人の山本泰寛が失点に繋がる手痛いミスを犯した。

 若林晃弘に代わって0-0の7回から三塁の守備に入った山本は、この回先頭のデスパイネが放ったサードゴロをファンブル。

 この失策に20日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 日本シリーズ第2戦 ソフトバンク-巨人』で解説を務めた若松勉氏は「守備は若林より山本の方が上という感じで、代えたんでしょうけどね」とコメント。この回からマウンドに上がった大竹寛は続くグラシアルに安打を打たれると、松田宣浩の3ランを打たれ失点した。

 失点後、若松氏は守備の交代が「裏目に出ましたよね」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM