ニュース

ドラフト診断~DeNA編~ 「一巡目最大のサプライズ」

無断転載禁止
DeNAのドラフト指名選手

各球団のドラフト指名選手を解説!


 10月17日(木)、今年のプロ野球・ドラフト会議が開催され、育成を含めると107名のアマチュア選手がプロ入りの切符を掴んだ。

 ベースボールキングでは、ドラフト会議翌日の18日にYouTubeチャンネルにて「ドラフト会議2019振り返り!」を生配信。アマチュア野球を中心に様々な媒体に寄稿するスポーツライターで、ドラフト会議の当日はCS放送のスポーツチャンネル『スカイA』で生中継の解説も担当した西尾典文さんにご出演いただき、各球団の今年の指名を振り返っていただいた。


DeNA・指名選手


1位:森 敬斗(もり・けいと)
内野手/17歳 右投左打 桐蔭学園高
[スカウト評]
走・攻・守、三拍子揃ったNO.1遊撃手。強力な足、肩を生かした躍動感のある守備力と、思い切りの良い打撃はレベルが高い。スピードのあるプレースタイルは魅力があり、将来のレギュラーとして期待。

2位:坂本裕哉(さかもと・ゆうや)
投手/22歳 左投左打 立命館大
[スカウト評]
MAX148km/hのストレートが魅力の投手。制球力と安定感がともにある。140km/h台の直球はキレがあり、変化球を交えたクレバーな投球術が魅力。

3位:伊勢大夢(いせ・ひろむ)
投手/21歳 右投右打 明治大
[スカウト評]
スリークォーターから最速150㎞/hを超える馬力のあるストレートは迫力十分。課題の変化球も成長し、2019年度東京六大学野球秋季リーグ戦では先発で活躍。先発、中継ぎどちらでも1年目から活躍が楽しみなパワーピッチャー。

4位:東妻純平(あづま・じゅんぺい)
捕手/18歳 右投右打 智弁学園和歌山高
[スカウト評]
選抜高等学校野球大会と全国高等学校野球選手権大会に5季連続出場。強肩で二塁送球も1秒8台を記録。小柄ながら、打撃でもホームランを兼ね備えた長打も魅力な強肩・強打の捕手。

5位:田部隼人(たなべ・はやと)
内野手/17歳 右投右打 開星高
[スカウト評]
長身の大型遊撃手。長打も兼ね備えた、柔らかい打撃が魅力。粗削りな所はあるが、将来の遊撃手レギュラーとして期待できる素材。

6位:蝦名達夫(えびな・たつお)
外野手/22歳 右投右打 青森大
[スカウト評]
走・攻・守でそつがない。バットコントロールに定評があり、勝負強さを兼ね備えており、長打力もある。選球眼も良く、投手が嫌がる打者。守備力も高く、ランナーを先の塁に進ませない。走塁も積極性があり、少しの隙も見逃さない。

7位:浅田将汰(あさだ・そうた)
投手/18歳 右投右打 有明高
[スカウト評]
長身のスタイルから強い腕の振りで繰り出されるストレートは140km/h後半を計測する。ボールの角度もあり、変化球の精度が上がれば楽しみな素材。また、打撃センスもあり長打が打てる魅力もある。


「まずびっくりの1位」


 直前まで1位の公言を避けてきたDeNA陣営。後に「1時間前に決まった」というエピソードが出るほどに混迷を極めていた今年の1位は桐蔭学園高の森。どのスポーツ紙も予想できなかったサプライズ指名で会場を沸かせた。

 西尾さんも「まずびっくりでしたね」と振り返りながら、「昨年も小園選手(報徳学園高→広島)を狙ったように、ショートの後釜、二遊間の軸候補という部分が欲しかったという部分はよく見て取れます。ただ、個人的にはプロでは外野かなと言うイメージもあるんですが」と、その指名意図を分析。

 続けて、「ハズレ1位で重複するのが嫌というところだったのでしょうが、それだけ華のある選手ですし、地元神奈川の桐蔭学園高出身というところもあって、将来のスターとして期待している部分は大きいのだと思います」。「驚きはしましたが、なるほどな、と思う指名だったと思います」と語っている。


 その一方、「2位と3位は少し早かったのかなという印象」とイメージとのズレを明かしつつ、「坂本投手はこれまでもよく獲得してきた大卒左腕の流れ。この指名を悪く言うわけではないですが、やや手薄な感がある右投手や、捕手というところの補強よりもそちらを優先するんだな、というのが率直な感想でした」とコメント。

 野手の下位指名組については、「筒香選手の去就もあって、大砲候補と言う部分は5位と6位で補強。まだまだ粗削りな2人ですが、飛ばすということに関しておもしろい存在だと思いますし、スケールの大きな選手だけに成長が楽しみです」と素材型の2人の大化けに期待を寄せた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西