ニュース

田尾氏、巨人・山本の悪送球に「焦る必要はなかった」

2019.10.23 18:15
読売ジャイアンツ 3 終了 4 福岡ソフトバンクホークス
東京ドーム
SMBC日本シリーズ2019・第4戦
● 巨人 3 - 4 ソフトバンク ○
<10月23日 東京ドーム>

 守備から途中出場した巨人のセカンド・山本泰寛が痛い悪送球を犯した。

 0-3の6回、岡本の2ランで2点を返し2-3となった7回一死一、二塁から長谷川勇也が放ったセカンドへのゴロを山本が処理し、二塁へ送球するもボールがうまく握れず悪送球。二塁走者の生還を許してしまった。

 この悪送球に『ニッポン放送ショウアップナイター 日本シリーズ第4戦 巨人-ソフトバンク』で解説を務めた田尾安志氏は、「考えられないというところで、エラーがでちゃいますよね。結局、焦り以外何ものでもないですね。今のは普通にきっちりとショートに投げて、アウトにできるタイミング。焦る必要はなかったでしょうね。ゲッツーできたと思います」と苦言を呈した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM