ニュース

ドラフト診断~西武編~ 「1位・2位は即戦力で計算。あとは独立の2人が…」

無断転載禁止
西武のドラフト指名選手

各球団のドラフト指名選手を解説!


 10月17日(木)、今年のプロ野球・ドラフト会議が開催され、育成を含めると107名のアマチュア選手がプロ入りの切符を掴んだ。

 ベースボールキングでは、ドラフト会議翌日の18日にYouTubeチャンネルにて「ドラフト会議2019振り返り!」を生配信。アマチュア野球を中心に様々な媒体に寄稿するスポーツライターで、ドラフト会議の当日はCS放送のスポーツチャンネル『スカイA』で生中継の解説も担当した西尾典文さんにご出演いただき、各球団の今年の指名を振り返っていただいた。


西武・指名選手


1位:宮川 哲(みやがわ・てつ)
投手/24歳 右投右打 東芝
[アマチュア担当評]
躍動感溢れる投球に加え、パワーも兼ね備える。変化球にキレがあり気持ちも強く即戦力として期待。

2位:浜屋将太(はまや・しょうた)
投手/20歳 左投左打 三菱日立パワーシステムズ
[アマチュア担当評]
左のロークウォーターから、145km前後のキレのあるストレートと、スライダーが持ち味の投手。

3位:松岡洸希(まつおか・こうき)
投手/19歳 右投右打 埼玉武蔵ヒートベアーズ
[アマチュア担当評]
右サイドからのパワーピッチャー。若さ溢れる投球が魅力。可能性は無限大。

4位:川野涼多(かわの・りょうた)
内野手/18歳 右投両打 九州学院高
[アマチュア担当評]
スイッチヒッターの内野手。走攻守バランスが良く、特にスローイングが安定している。将来性のある選手。

5位:柘植世那(つげ・せな)
捕手/22歳 右投右打 Honda鈴鹿
[アマチュア担当評]
フットワーク・インサイドワーク・守備力の良い選手。即戦力として期待できる。

6位:井上広輝(いのうえ・ひろき)
投手/18歳 右投右打 日本大学第三高
[アマチュア担当評]
ストレートに力があり、球種も多くコントロールが良い。先発型で将来性のある投手。

7位:上間永遠(うえま・とわ)
投手/18歳 右投右打 徳島インディゴソックス
[アマチュア担当評]
質の良いストレートを投げ込む伸びしろのある投手。

8位:岸潤一郎(きし・じゅんいちろう)
内野手・外野手/22歳 右投右打 徳島インディゴソックス
[アマチュア担当評]
足が速く、スピードを生かしたプレーが魅力。


育成1位:出井敏博(いでい・としひろ)
投手/22歳 右投右打 神奈川大
[スカウト評]
肘の使いが柔らかく将来性のある本格派右腕。


「上位2名は即戦力。気になるのは独立出身の…」


 西武は最初の指名で今秋の目玉のひとりであった大船渡高・佐々木の抽選に挑むも、当たりクジは残っておらず再入札へ。ここでも巨人との競合になったが、社会人の剛腕・宮川の獲得に成功した。

 「どの新聞・雑誌を見ても書いてありましたが、やはりピッチャーでしたよね。そこで1位と2位で社会人の左右のピッチャーを補強できたというのは大きいと思います」と西尾さん。つづけて、「宮川投手はいきなりセットアッパーとかも考えられるような即戦力タイプ。浜屋投手もどちらかと言えばリリーフの方が早く出てこれるイメージですが、先発もできる投手ではあります」と2名を分析。

 一方、「松岡投手の3位は意外でしたね。経歴の珍しさもあって名前こそよく目にしましたが、ここまでの高評価とは思わなかったです」と振り返りつつ、「7位の上間投手もですが、2人とも高卒1年での独立リーグ経由のNPB入りということでまだ若い。上間投手は高校時代から有名ではありましたが、松岡投手はまったく無名というところからサイドスローになっての急成長で3位の高評価。この独立出身の2投手がいきなり活躍を見せるのか、はたまた時間がかかるのか。ここも注目ですね」と語った。


下位指名で将来を見据える


 また、高卒の最上位となったのが4位の河野。「この順位で獲得できたのは収まりが良いというか、良かったですよね。身体能力が高い選手でスイッチヒッター。西武と言えば松井稼頭央さんが二軍のチームを率いているわけですから、それだけでもファンは楽しみなんじゃないでしょうか」と述べる。

 6位で指名の高卒右腕・井上についても、「こちらもよくぞここまで残っていた、と個人的には思いました。ひじの故障とかもあって避けられていたのかもしれませんが、大きくて球は速いという楽しみな素材。こちらはじっくり、という考えだとは思いますが、将来のローテーション候補として注目しています」と、今後が楽しみな高卒2名について語った。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西