ニュース

広島・野村、FA権を行使せず残留表明 入団後8年で71勝52敗、防御率3.38

無断転載禁止
広島・野村祐輔

今季は二軍調整が長引き6勝止まり


 広島は26日、野村祐輔投手が今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せず、残留すると発表した。

 岡山県出身の野村は、広陵高、明大を経て2011年のドラフト1位で広島に入団。1年目に9勝11敗ながら防御率1.98をマークし新人王に輝いた。16年には16勝(3敗)を挙げ、最多勝と最高勝率(.842)のタイトルを獲得。チームを25年ぶりのリーグ優勝へ導いた。

 今季は不調による二軍落ちもあり、18試合の登板で6勝5敗、防御率4.06。8年間の通算成績は71勝52敗、防御率3.38で、残留を決めた来季は4年ぶりの2ケタ勝利とチームのペナント奪還を目指す。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西