ニュース

江本氏、日本Sで苦しんだ巨人・丸は「シーズン中の働きが…」

無断転載禁止
巨人・丸佳浩(C)Kyodo News
 25日に放送された『ザ・フォーカス フライデースペシャル』に出演するショウアップナイター解説者の江本孟紀氏が、日本シリーズで苦しんだ巨人・丸佳浩について言及した。

 シーズンでは2番・坂本勇人の後を打つ3番打者として、勝負強い打撃を披露してきた丸だったが、日本シリーズでは13打数1安打、打率.077、1打点に終わった。

 江本氏は「丸選手が2、3本打って、ホームランも打っていれば、(巨人も)もう少し粘っていたと思います。わずか1週間くらいの試合で実力を出せよというのも無理なところもあるんですよ。だけど結果としては、3番にいるわけですからね。1、2、3のシーズン中の働きができなかったのが、打線が活発にいかなかった原因でしょうね」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM