ニュース

ヤクルトがマクガフ、スアレスの両助っ人右腕の残留を発表

無断転載禁止
ヤクルトのマクガフ=東京ドーム
 ヤクルトは28日(月)、スコット・マクガフ投手(29)、アルバート・スアレス投手(30)の両助っ人右腕との契約が合意に至ったことを発表。来年も引き続き、プレーすることになった。

 リリーフ陣の一角として今季65試合に登板したマクガフは、68.2回を投げて6勝3敗11セーブ18ホールドを記録。防御率も「3.15」と、苦しんだ投手陣の中で結果を残した。マクガフは今回の再契約を受け、「とても嬉しく思っています。来季はチームの優勝に貢献できるよう頑張ります。素晴らしいスワローズファンの前で再び投げられることを今から楽しみにしています」と、来季の活躍に向けて意気込みを語った。

 一方のスアレスは、先発ローテーションの一角として大きな期待を寄せられ、デビュー戦となった4月25日の巨人戦で6回無失点と好投。続くDeNA戦では負け投手になったものの、7回2失点と試合を作った。しかし、5月15日の広島戦で上半身のコンディション不良を訴えて1回で降板。長期にわたって戦列を離れ、再び一軍のマウンドに上ったのは9月に入ってからだった。

 スアレスは「2020年、来シーズン再びスワローズでプレーできることは大変嬉しく、またチャンスを頂けた球団に感謝しています。このオフシーズンは来シーズンに向けてしっかりとトレーニングを行い、1年間ケガなくチームの勝利のためにベストを尽くしたい。ファンのみなさん一年間応援ありがとうございます。来シーズンもファンの皆さんに会えるのを楽しみにしています」とコメント。来季はフル回転でチームに貢献することを誓った。


▼ マクガフ今季成績
登 板:65試合(68.2回)
勝 敗:6勝3敗11セーブ18ホールド
防御率:3.15

▼ スアレス今季成績
登 板:4試合(17.2回)
勝 敗:1勝1敗
防御率:1.53

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM