ニュース

侍ジャパン、完封リレーでカナダに勝利 今永&大野3回0封、近藤攻守で活躍

無断転載禁止
好投した今永をベンチで出迎える侍ジャパンのチームメイトたち
侍ジャパンシリーズ2019・強化試合
● カナダ 0 - 3 日本 ○
<11月1日・沖縄セルラースタジアム那覇>

 野球日本代表「侍ジャパン」は1日、カナダ代表との強化試合第2戦を行い、投手陣の無失点リレーもあり3-0で勝利した。

 前夜の強化試合第1戦は、先発・山口(巨人)の乱調が響き5-6で敗れた侍ジャパン。この日は先発・今永(DeNA)が5者連続を含む6三振を奪うなど、3回1安打無失点の快投を披露した。2番手・大野雄(中日)も3回2安打無失点。4回は一死一、二塁のピンチを併殺で切り抜け、以降の2イニングはテンポ良くゼロを並べた。

 7回以降も中川(巨人)、山本(オリックス)、山崎(DeNA)が無失点リレー。7回は遊撃・源田(西武)、右翼・近藤(日本ハム)が好プレーを見せるなど、バックも投手陣を盛り立てた。

 打線は4回、連続四球などで一死二、三塁の好機を作り、6番・浅村(楽天)の一ゴロの間に先制。5回も四球と犠打で一死二塁とし、1番・山田哲(ヤクルト)の中前適時打で2点目を加えた。8回は3番・近藤の左前適時打で3点目。近藤は守備でもダイビングキャッチを披露するなど攻守に渡って活躍し、2安打した前日に続きチーム唯一となる2試合連続マルチ安打をマークした。

 侍ジャパンはカナダとの強化試合を1勝1敗で終了。今後は「プレミア12」の1次ラウンドB組の舞台となる台湾へ移動し、5日にベネズエラ、6日にプエルトリコ、7日に台湾と対戦する。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西