ニュース

プレミア12、メキシコが白星発進 ドミニカ逆転負け、中日ロメロが満塁被弾

無断転載禁止
中日・ロメロ
【プレミア12 1次ラウンドA組】
○ メキシコ 6 - 1 ドミニカ ●
<11月2日 メキシコ>

「第2回 WBSC プレミア12」が開幕。A組1次ラウンドのメキシコ対ドミニカが2日(日本時間3日)行われ、一発攻勢を見せたメキシコが6回途中降雨コールドゲームで白星スタートを切った。

 メキシコは1点を追う3回、1番・ジョーンズのバント安打、巨人に在籍する3番・ビヤヌエバの四球などで一死満塁の好機を作ると、4番・キロスが中越え満塁弾を放ち4-1と逆転。6回には阪神に在籍する6番・ナバーロ、かつて中日、オリックスでプレーした7番・クラークに連続ソロが飛び出し6-1とリードを広げた。

 ドミニカは初回、昨年まで楽天でプレーした4番・ペゲーロの中前適時打で先制。しかし3回、中日に所属する先発・ロメロが満塁弾を浴び逆転を許した。6回にも2番手・ペレスが連続ソロを浴び、直後に雨脚が強まり降雨コールド負け。ロメロは10三振を奪いながら、5回途中5安打2四球4失点で敗戦投手となった。

 この試合前には同じA組の米国-オランダ戦が行われ、米国が9-0で快勝。1次ラウンドA組はメキシコ、米国、オランダ、ドミニカの4チームが属し、上位2チームが日本開催となるスーパーラウンドに進出する。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西