ニュース

いざ世界の頂へ…「プレミア12」のレギュレーションをあらためておさらい!

無断転載禁止

「WBSC プレミア12」


 ☆4年に1度行われる世界最高峰の国際野球大会。

 2019年は第2回大会。WBSC世界ランキング上位12カ国のチームが参戦し、11月2日~17日にかけて熱戦が繰り広げられます。

 なお、今大会は2020年に迫った東京五輪の予選も兼ねており、日本を除くアジア・オセアニア地区の最上位チームと、米大陸最上位チームがオリンピックへの出場権を獲得します。





▼ 出場国(WBSC世界野球ランキング)
1位 日本
2位 アメリカ
3位 韓国
4位 チャイニーズ・タイペイ
5位 キューバ
6位 メキシコ
7位 オーストラリア
8位 オランダ
9位 ベネズエラ
10位 カナダ
11位 プエルトリコ
12位 ドミニカ共和国


大会日程


【OPENING ROUND】

▼ グループA


・11月3日(日)
アメリカ - オランダ
メキシコ - ドミニカ共和国

・11月4日(月)
オランダ - ドミニカ共和国
アメリカ - メキシコ

・11月5日(火)
ドミニカ共和国 - アメリカ
メキシコ - オランダ

────────
☆球場:エスタディオ・チャロス・デ・ハリスコ
(メキシコ)
────────


▼ グループB


・11月5日(火)
日本 - ベネズエラ
チャイニーズ・タイペイ - プエルトリコ

・11月6日(水)
日本 - プエルトリコ
ベネズエラ - チャイニーズ・タイペイ

・11月7日(木)
プエルトリコ - ベネズエラ
チャイニーズ・タイペイ - 日本

────────
☆球場:桃園国際球場、台中インターコンチネンタル球場
(台湾)
────────


▼ グループC


・11月6日(水)
キューバ - カナダ
韓国 - オーストラリア

・11月7日(木)
キューバ - オーストラリア
カナダ - 韓国

・11月8日(金)
オーストラリア - カナダ
韓国 - キューバ

────────
☆球場:高尺スカイドーム
(韓国)
────────


【SUPER ROUND】

・11月11日(月)

・11月12日(火)

・11月13日(水)

・11月15日(金)

・11月16日(土)

────────
☆球場:ZOZOマリンスタジアム、東京ドーム
(日本)
────────


【FINALS】

▼ 決勝戦


・11月17日(日)


▼ 3位決定戦


・11月17日(日)


────────
☆球場:東京ドーム
(日本)
────────


大会形式


【OPENING ROUND】

・4チーム、3グループが総当たりで対戦。
・各グループ上位2チーム(計6チーム)がスーパーラウンドに進出。

【SUPER ROUND】

・各グループ上位2チームが、他グループのチームと総当たりの対戦(各チーム4試合)を行う。
・オープニングラウンドとスーパーラウンドの成績(対戦全チームとの対戦成績)を合計。
・成績上位2位のチームは決勝に、3位・4位のチームは3位決定戦に進出する。


その他のルール


▼ 登録メンバー
・1チーム最大28人
※少なくともピッチャーは13人、キャッチャーは2人登録すること。

▼ 指名打者制
採用

▼ 予告先発
採用

▼ 球数制限
なし

▼ コールド規定
・5回=15点差
・7回=10点差以上
※スーパーラウンドと決勝では適用しない

▼ 延長戦規定
・10回からタイブレーク制へ
※無死一・二塁からスタート
(打順は9回終了時から継続)

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西