ニュース

侍ジャパン、広島コンビの活躍で逆転! 2番手オリックス山岡が反撃呼ぶ

無断転載禁止
侍ジャパン・菊池涼介

菊池涼が同点打、鈴木が逆転打!


 野球日本代表「侍ジャパン」は5日、『第2回 WBSC プレミア12』の1次ラウンド第1戦(台湾)でベネズエラ代表と対戦。1点を追う5回、2番・菊池涼(広島)の適時二塁打、4番・鈴木(広島)の中前適時打で2-1と逆転した。

 侍ジャパンは1点を追う5回、一死から9番・小林(巨人)が四球で出塁。続く坂本勇(巨人)はボテボテの遊ゴロに打ち取られたが、これを相手遊撃手が二塁へ悪送球。敵失で一死一、三塁とし、2番・菊池涼が同点となる適時二塁打を右翼線に運んだ。

 3番・近藤(日本ハム)は申告敬遠。一死満塁と好機が広がり、続く鈴木が逆転適時打を中前へ運んだ。二走の菊池涼は、相手中堅のストライク返球もありタッチアウト。しかし、広島コンビの活躍で試合をひっくり返した。

 先発登板した山口(巨人)は、初回から走者を背負う投球が続き4回5安打1失点で降板。1点ビハインドの5回から2番手・山岡(オリックス)が登板し、テンポ良く3者凡退に抑え打線の反撃ムードを作った。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西