ニュース

侍ジャパン、逆転勝ちで1次R白星発進! 菊池涼2度の同点打、近藤4四球V打点

無断転載禁止
5回に右翼線へ適時二塁打を放つ侍ジャパンの菊池涼介
【プレミア12 1次ラウンドB組】
○ 日本 8 - 4 ベネズエラ ●
<11月5日 台湾>

「第2回 WBSC プレミア12」の1次ラウンドB組が台湾で開幕。野球日本代表「侍ジャパン」は5日、ベネズエラ代表との初戦に臨み逆転勝利で白星スタートを切った。

 侍ジャパンは0-1と1点を追う5回、2番・菊池涼(広島)の適時二塁打で同点。さらに、4番・鈴木(広島)も中前適時打で続き2-1と逆転した。直後に試合をひっくり返されたが、2点を追う8回は3四球で一死満塁の好機を作ると、1番・坂本勇(巨人)の代打で登場した山田哲(ヤクルト)が、押し出し四球を選び1点差。続く菊池涼は左前適時打を放ち、再び4-4の同点に追いついた。

 なおも一死満塁の好機で、3番・近藤が(日本ハム)が押し出し四球を選び逆転。近藤はこの試合、申告敬遠含む4四球をマークした。その後も、鈴木の左犠飛、途中出場・源田(西武)の適時内野安打、7番・丸(巨人)の押し出し四球で加点。8回だけで一挙6点のビッグイニングとした。

 先発の山口(巨人)はピンチで粘ったものの4回5安打1失点で降板。6回は2番手・山岡(オリックス)が捕まり2-4と逆転を許した。それでも、7回以降は中川(巨人)、甲斐野(ソフトバンク)、山崎(DeNA)が無失点リレー。5番手の甲斐野が白星を手にした。

 侍ジャパンは苦しみながらも白星スタート。6日の1次ラウンド第2戦は、台湾に敗れ黒星スタートとなったプエルトリコと対戦する。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西