ニュース

地元・チャイニーズタイペイ白星発進!ロッテ・チェンが完璧リリーフ

無断転載禁止
ロッテ・チェングァンユウ
【プレミア12 1次ラウンドB組】
○ チャイニーズタイペイ 6 - 1 プエルトリコ ●
<11月5日 台湾・台中>

 プレミア12のB組1次ラウンド、チャイニーズ・タイペイ-プエルトリコ戦が4日、台湾・台中インターコンチネンタル球場で行われ、地元ファンの大声援を受けたチャイニーズ・タイペイが初戦を白星で飾った。

 チャイニーズ・タイペイは初回、先頭が相手失策で出塁すると、2番・リン・リーが右翼ポール際へ飛び込む2ランを放ち、幸先よく先制に成功。

 その後はなかなかヒットすら出ない展開が続くも、MLBインディアンス傘下に所属する先発右腕ジャン・シャオチン(25)が最速154キロの速球とスライダー、チェンジアップのコンビネーションで4回までパーフェクトピッチング。5回に初ヒットを許してから連打を浴びて1点を失ったが、リードを拡げた直後の6回は強烈な投手ライナーを好捕して無失点。6回、3安打、1失点の好投で、オープニングゲームの白星を手繰り寄せた。

 NPB所属選手では王柏融(日本ハム)が「7番・ライト」で先発出場し、3打数0安打1四球。6回の第3打席に右翼への大飛球を放ち球場を沸かせたが、打球はフェンス手前で失速。ノーヒットに終わった。

 またチェン・グァンユウ(ロッテ)は5点リードの7回に2番手として登板。4番、5番を連続三振に打ち取ると、6番・ドミンゲスに対しては速球で詰まらせてニゴロ。完璧なリリーフでチームの勝利に貢献した。

 初戦を勝利したチャイニーズ・タイペイは6日にベネズエラ、7日に日本と1次ラウンド最終戦を戦う。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西