ニュース

カナダ白星発進、侍J封じたオーモンが快投 キューバはNPB組振るわず黒星

無断転載禁止
カナダ代表のオーモン
【プレミア12 1次ラウンドC組】
● キューバ 0 - 3 カナダ ○
<11月6日 韓国>

「第2回 WBSC プレミア12」の1次ラウンドC組が韓国で開幕。大会前、侍ジャパンとの強化試合を1勝1敗で終えたカナダが、キューバを完封勝利で下し白星スタートを切った。

 カナダは10月31日の強化試合(那覇)で、侍ジャパン打線を3回1安打無失点に封じた先発・オーモンが快投。元阪神・メッセンジャーを彷彿とさせる長身右腕は、3番・グラシアル、4番・デスパイネ(ともにソフトバンク)、5番・セペダ(元巨人)らが並ぶキューバ打線を8回95球、2安打9奪三振無失点に抑え込んだ。

 3点リードの9回は、今季限りでの引退を発表した元巨人のマシソンがセーブ締め。最後は元同僚のセペダを空振り三振に仕留めた。

 カナダ打線は4回、4番・サンダースの左前適時打で先制。8回は一死満塁の好機を作ったあと、二死からキューバ3番手・モイネロ(ソフトバンク)の連続押し出し四球で貴重な2点を加えた。

 キューバは打線が振るわず2安打完封負け。元ロッテの1番・サントスも含め、グラシアル、デスパイネ、セペダのNPB経験者が揃って4打数無安打に倒れた。投手陣ではモイネロが誤算。左腕は連続押し出し含む計4四死球と制球が定まらず、1イニングを投げ切ることなくマウンドを降りた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西